名取中央クリニック

内科 消化器内科 循環器内科 総合内科漢方外来 消化器内視鏡内科
整形外科 リウマチ科 リハビリテーション科 歯科 

〒981-1224 宮城県名取市増田字柳田8
TEL 022-383-5252
 

併設施設 

 

老人保健施設
ライフケア
通所リハビリ(デイケア)
デイケア
訪問看護・リハビリ
あすなろ訪問看護
在宅介護・居宅支援
ねむの木
デイサービスセンター
デイサービス

更新!スタッフ募集

 
トップページ»  内科»  循環器内科について»  心臓エコー検査・頚動脈エコー検査について

超音波検査(エコー検査)について

検査について

超音波検査は利点として、他の検査に比べて非侵襲的な検査であることがあげられます。つまり身体与える影響が他の検査と比べほとんどないため、妊娠されている方でも気軽に受けることができます。またリアルタイムで画像の観察が可能であり心臓など動きのある臓器を観察するのにすぐれています。

当院の循環器内科でも循環器にかかわる心臓や頚動脈のエコーを行っております。
 

頚動脈超音波検査(エコー検査)について?

◆大切な脳や心臓をどうやって守りますか?
近年食事の欧米化などにより、動脈硬化を基盤とする心筋梗塞、脳梗塞等が増えています。しかし自覚症状がなく、気がつかぬまま放置を突然重病化するケースも多くあります。
当院では、動脈硬化がどれくらい進行しているかを評価するため頸動脈エコー検査を行っています。

 

◆なぜ評価が必要なのか?
突然命を奪われる事がある心筋梗塞、麻痺や構音障害、嚥下障害など今後の生活に支障をきたす脳梗塞の危険性を評価する事は大変重要です。高血圧症、糖尿病の方、コレステロール、中性脂肪値が高い方、喫煙者、脂っこいものが好きな方は動脈硬化の危険性がありますので検査を受けることを特にお勧めいたします。
動脈硬化の進行(血管年齢)は個人差があります。たとえコレステロール値が高いからといって、必ずしも動脈硬化が生じているとは限りません。また反対に数値が正常でも動脈硬化を認める事があります。
動脈硬化は一概に数値だけでは判断できません。その為、現時点での動脈硬化を評価する事が大切です。

 

◆検査について
この検査は頸部(首)の血管である頸動脈をエコーで観察し、動脈硬化を確認します。放射線のように体に影響がある検査では無く、簡単に受けることができます(検査時間は15~20分)。
検査終了後実際ご自身の血管の画像を見て頂いて確認してもらい、その上で今後の生活習慣、治療等を考えていきます。

頚動脈エコー

 

心臓超音波検査(エコー検査)について

◆心臓は毎日休まず動いています
心臓は一日に10万回動いている臓器で、数秒でも止まると大変なことです。
その心臓の働き、大きさ(心臓内部の心室、心房の大きさ)、心臓壁の厚さ
弁の形態や働きなどをエコーで評価します。

◆心臓超音波検査で何がわかるのか?
検査は主に心臓の形と働きを診ることを目的としています。特に、心臓は常に拍動して血液を体に送り込むポンプのような役割をしていますが、その動いている状態をそのまま観察できることが利点です。心臓の大きさや動きを観察することで、異常を発見できます。
【発見される主な病気】
心臓弁膜症(大動脈弁狭窄症、僧房弁閉鎖不全症など)、
心筋症(拡張型心筋症、肥大型心筋症など)、
高血圧症による左室壁肥厚、収縮及び拡張機能の評価、
(陳旧性)心筋梗塞、先天性心疾患(心房中隔欠損症など)、
肺高血圧症、
心のう液貯留、等

◆心臓超音波検査はどのような検査か?
一般的な検査方法は、胸部を露出してベッドに仰向けになって寝ている状態で、超音波プローブを肋骨の隙間に沿うようにあてて検査を行います。胸部にゼリー剤を塗り、発信機と密着させます。
(検査時間は20~30分です)

検査終了後、実際ご自身の心臓を動画でお見せして、模型を使って説明します。
 

心臓エコー