名取中央クリニック

内科 消化器内科 循環器内科 総合内科漢方外来 消化器内視鏡内科
整形外科 リウマチ科 リハビリテーション科 歯科 

〒981-1224 宮城県名取市増田字柳田8
TEL 022-383-5252
 

併設施設 

 

老人保健施設
ライフケア
通所リハビリ(デイケア)
デイケア
訪問看護・リハビリ
あすなろ訪問看護
在宅介護・居宅支援
ねむの木
デイサービスセンター
デイサービス

更新!スタッフ募集

 

入れ歯の種類

入れ歯は大きく分けて”部分入れ歯”と”総入れ歯”があります。どちらも取り外せるのが特徴です。

●部分入れ歯

残っている歯にバネを引っ掛けて固定します。バネには金属や透明で目立たないものや、軟らかい素材を使ったものなどがあります。

●総入れ歯

バネを引っかけるための歯がないため、上顎に吸盤のように入れ歯を吸い付かせて、両頬の筋肉で押さえ込みながら、下顎でしっかり噛むことで入れ歯を安定させます。

 

治療を始める前に、保険診療で受けるか、保険外の自費診療で受けるかを、選択する必要があります。
【保険診療】の特長は、費用負担が少ない反面、素材や色味、付け方が選べません。
【自費診療】の特長は、費用は高いですが、入れ歯の材料の選択肢が広がります。
どちらが適しているかは、個人個人で異なりますので治療の際は、医師にご相談ください。
以下は当院で実施している自費診療を紹介いたします。

 

金属のバネがない入れ歯(バルプラスト素材)

従来の部分入れ歯はほかの歯に金属のバネをかぶせて固定するため、笑ったりすると金属のバネが目立ってしまいました。
金属バネを使わず”バルプラスト”といわれる素材を使った入れ歯は軽く弾力性があり、落としても曲げても割れにくい性質を持っています。

ご興味ある方は医師もしくは歯科衛生士にお尋ねください。

 

 

金属バネの部分入れ歯

バルプラスト素材の部分入れ歯

金属バネ パルプラスト

見た目

金属バネがあるので境目が目立つ

金属バネがないため境目が目立たない

フィット感

違和感がある

歯茎にぴったり収まり、違和感がない

強さ

固く落とすと破損しやすい

弾力性の高い素材で曲げても壊れにくい

重さ

重い

従来の部分入れ歯の半分の重さ

厚さ

厚ぼったい

薄い仕上がり

歯の負担

金属バネにより残歯へ負担がかかる

金属バネによる残歯への負担が少ない

食べ物

お餅やガムがくっつく

お餅やガムがくっつかない

アレルギー

金属アレルギーの方は注意が必要

金属アレルギーの心配なし

使用素材(C)ハイデンタル・ジャパン株式会社
 

ゼノスタークラウン&ブリッジ

ゼノスタークラウンは、クラウン全体をジルコニアで修復するオールセラミックスクラウンです。そのほとんどがジルコニアから成るゼノスタークラウンは、自費フルキャストクラウンと比べ、安全・丈夫・きれいという特徴を持ち、価格も従来の金属製に比べ低コストで実施することができます。
また色味に関しても天然歯に近い色調を可能としています。

ゼノテック

※クラウンとブリッジとは?

《クラウン》
虫歯や破折で歯が壊れた場合、金属などで修復する方法を言います。銀歯、金歯、差し歯、等がこれにあたります。

《ブリッジ》
抜歯などにより歯が無くなった場合に、その両隣の残った歯を土台にして、人工の歯で橋を架けるような形にかぶせ物をすることです。入れ歯と違い固定するため取り外しができません。
(右写真 参考模型)

歯科ブリッジ素材

 

※ジルコニアとは
ジルコニアは人工ダイヤモンドとも言われており非常に丈夫で、美しい素材です。昔の被せ物や詰め物は金属やプラスチックが多く、どうしても天然歯との違いが強く感じられました。その改善策としてセラミック製の人工歯が登場し、ジルコニアもその一部で最近注目を浴びている素材です。強度もありますが金属と違いアレルギーもなく汚れもつきにくいなど非常に利点を多く含んでいます。ただ固さのため人によってはかみ合わせの悪さから他の歯を傷つけてしまう等不利点もあります。


 
ゼノスター