医療法人社団 洞口会 名取中央クリニック

新型コロナウイルスの収束について(第10報)

この度、当法人が運営する老人保健施設ライフケアセンター名取にて新型コロナウイルス感染が発生したことにより、

ご利用の皆様やご家族様をはじめとする多くの方々にご心配とご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。

 

5月上旬に施設内で発生した新型コロナウイルス感染症も中旬以降は感染拡大も落ち着き、保健所より指示された観察期間も終了したため、

本日を持ちまして施設内での新型コロナウイルス感染症が収束したことをご報告申し上げます。

このような状況を受けて施設も6月6日(月)より通常運営することとなりましたので、併せてご報告いたします。

 

今後もしばらくは新型コロナウイルス感染症との共存が予想されますが、引き続き感染対策や水際対策を強化し、

利用者様が安心してご利用いただけるよう職員一同環境整備に努めて参りますので、引き続きご支援、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

 

最後になりますが、この度の感染症発生につき施設や職員への温かいお言葉や励ましのお言葉、ご支援をいただいた皆様に心から感謝申し上げますとともに、未知の感染症に対し、恐怖や不安の中、利用者様の医療・介護サービスを継続するため日々奮闘して下さった職員の皆様に重ねて深謝申し上げます。

 

令和4年6月2日

医療法人社団洞口会

理事長 洞口 淳

2022.06.02

TOP